コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話

MENU

医薬品と医薬部外品の育毛剤の主な簡単な違いは?

医薬品

育毛剤でも医薬品や医薬部外品に加えて最近では化粧品分類で販売されている育毛剤など大きく分けて主に3種類あります。

 

製造や販売などの規定や法律以外の利用する面での主な違いや購入する際のポイントなどはあるのでしょうか?

 

効果という面でまずは医薬品や医薬部外品などでは、パッケージなどはこの裏側に書いてある部分が分類によって謳える部分と謳えない部分があります。

 

医薬部外品の育毛剤を例としてみた場合には、効果効能の部分に育毛と書かれている以外にも男女兼用であれば産後の脱毛など書かれている場合を見かける場合もあるかもしれません。

フケやかゆみなど抜け毛や薄毛が気にならない方も使用できる?

医薬品

またフケ・かゆみ予防と書かれている場合もあるので、抜け毛などが気になり育毛を考えている方以外の頭皮のフケなどを予防したい際に使えるのがポイントです。

 

育毛剤という名称なため頭皮のフケや痒み予防として使用するというのはまず見かけないという点や育毛剤を色々使用して分かった方でもあるかもしれないので、頭皮のフケ痒み予防目的でまずは育毛剤を購入する事はないかもしれません。

医薬部外品以外より身近に感じる育毛剤

医薬品

化粧品分類の育毛剤も増えてきましたが、医薬部外品までは化粧品分類なので、正式には医薬部外品も医薬部外品に認定されていない製品も同じような感じに見受けられます。

 

医薬部外品の場合には色々細かい規約みたいなものもあるので、柔軟な商品作りをするという意味では認定を避けるというのもあるかもしれません。

 

使用面ではどちらも大きく変わりがないのが現状かもしれません。

医薬品すべてにミノキシジルが配合されているわけではない?

医薬品

医薬品の場合には使用できる成分によっては細かく分類されているため効果の面が違います。

 

男性型脱毛症のクリニックなどで使用される発毛薬のミノキシジルを例にしても医薬品の育毛剤すべてに配合されているというのではなく医薬品第1類に配合されているというのがポイントです。

 

効果が期待できる反面、副作用などの面がある場合には、厳重な管理が求められたりする部分もあるので、医師の診断が必要であったり、薬剤師との対面販売であったり色々自由に購入できないのは、病院で処方される薬に似てくる側面があるのかもしれません。

 

どの育毛剤に効果があるかという面では、保険治療不可の男性型脱毛症や保険治療可能な円形脱毛症とでは、医療の面も違うので、自分で判断するよりも医師など客観的に他の判断を参考にしながら厳選していくと良いのかもしれません。


コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話

コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話

コスメボボペルーがお届けするニキビの話や育毛剤に関しての話をお届けしているサイトですが、ニキビの情報よりも今は敏感肌の方が悩みになっています。育毛剤を使用している人でも敏感肌の人も結構いるかもしれませんが、頭皮に付ける育毛剤はアルコールなどが含まれているので、敏感肌だと頭皮を中心に荒れやすいのが特徴です。スキンケアでも敏感肌だとニキビが出来にくい訳でもなくニキビが出来やすい場合には、使用するスキンケアの化粧品なんかも中々うまくいかない場合もあるかもしれません。ニキビ用の化粧品でもAPPSを使用した場合の化粧水は刺激が少ない傾向もあるので、肌も乾燥しにくい傾向がありますが、敏感肌だと厳しい場合もあります。シャンプーも出来るだけ頭皮に負担がかからないタイプが良いので、育毛剤を使用している場合にはシャンプーは、基本的に低刺激なタイプでよりすすぎをしっかり使っていくのが良いかもしれません。もちろん肌を強くするために敏感肌で薄毛や抜け毛に悩んでいる場合には、育毛サプリなど食事面のケアが大事になってくるかもしれません。


コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話 | 医薬品と医薬部外品の育毛剤の主な簡単な違いは? | コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話 TOP


コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話 リンク集

コスメボボペルーがお届けするニキビと育毛剤の話が厳選したサイトやブログなどを紹介しているページについてです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

医薬品と医薬部外品の育毛剤の主な簡単な違いは?

医薬品と医薬部外品の育毛剤の主な簡単な違いは?に関するページです。